本文へスキップ

四代続く銅器職人の直販サイトです。

TEL. 0766-22-4175

〒933-0841 富山県高岡市金屋町5-11

メタパッド誕生物語メタパッドEADLINE

metapad story

金屋町風景






思い起こせば1998年5月の頃
我が金屋町に思いもよらぬ、高岡短期大学とのインターネットプロジェクト話が
待ち受けていたのでした。
当時の国立高岡短期大学の(H17年10月から富山大学として統合)
TV公開講座の番組みの中のモデルにです。

「約400年続く高岡鋳物の発祥の地にインターネットが入り込んだら
住民にどのような変化が起こるだろうか検証してみたい。」

そして、その名も
金屋町プロジェクトが発進しました。
何するの?......「TVにチョこっと映るだけですよ」

意欲満々の短大の先生方とは裏腹に
中年青年会有志には気の重いことでした
パソコンも素人の集まり、ましてやインターネットなどちんぷんかんぷんのこと
貸し与えられたノートPCでまずは、
ひげを蓄えた先生方との(ユー.ガット.メール)の始まりからでした
気が付くとPCでメールを出すのは美人妻。
そんな不届き者も現れながらもそれぞれにPCにのめり込んで行ったのでした。
時はたち、誘い合って仲間も増えました。
お酒の席で甘い誘いに、ころっと仲間入りも多数あり!?(笑)
最近のPC普及もあって金屋町MLも50名になるところです。


「銅器のマウスパッドあってもいいのでは....」


ある日、当時の仲間のメールの一言から始まった物語。

そこから凝り性の私の試行錯誤の日々の始まりでした。
丸い形は私の仕事の得意技です
デザインはすんなり浮かび上がりました
あとは、着色など実用テストです
当時の試作品の性能テストには、
高岡短大の産業デザイン科の武山良三教授や
産業情報科の近藤潔教授など高岡短大の教授たちも巻き込んで
この、銅器のマウスパッドが出来上がっていったのです。
先生方も驚いていらっしゃいましたよ(笑)
名前の由来は金属のマウスパッドだからメタルなパッドでなずけて見ました。


製品化には、鋳物屋、色付屋、箱屋、など職人仲間の知恵も
ずいぶんと勉強になりました。
当然、ホームページの勉強も夜なべ仕事です。

そして、1999/8月にNetデビューをしました
価格的に従来の販売ルートでは成り立たないのでは......と。
大胆にもWebという大海原へと小船を漕ぎ出した次第です。
インターネットとのかかわりで思わぬ物体が生まれました
私自身、インターネットに出会わなかったら平凡な職人で終わっていたでしょうね
メタパッドを通していろいろな人たちと巡り会うことができました。


2005/4月。メタパッドのホームページも3代目となりました。
2007/3月。自社ドメインを取得。kanadou.jpとして新たにオープンしました。
2011年8月ホームページも4代目となり進化したと思います。

2012年11月に高岡商工会議所主催の平成24年度「高岡土産100選」にエントリーし
      認定を受けました。

2013年。金屋町が重要伝統的建造物群保存地区「重伝建地区」に決定となりました。

2014年11月高岡商工会議所主催の平成26年度「高岡土産100選」にエントリーし
     (特別推奨品)評価にて認定を受けました。

2016年12月 平成28年度高岡商工会議所の「越中高岡土産100選」にエントリーし
      再度(特別推奨品)評価にて認定を受けました。

これからも多くのメタパッドファンにめぐり逢うよう頑張りたいと思っています。 

                 2017年1月 金森仁志


金屋町祭り風景





バナースペース

金森銅器加工所/金森仁志

本業(美術鋳物旋盤加工)紹介


個人紹介サイトへ飛びます